女性が資格を取るなら看護師がベスト

不況に強い看護師資格

看護師の働く場として病院が上げられるが、病院といっても運営主体が様々である。
例えば医師が一人で開業している個人病院があれば、医療法人が経営している総合病院もあるし、自治体が運営している病院で看護師として働いていれば公務員である。
その他に介護現場で働く看護師もいる。
入所施設や通所施設、そしてナースステーションもある。
5年以上の経験があれば介護支援専門員として働くこともできる。
開業医や通所施設で働くと夜勤がないため、小さな子どもがいる看護師でも安心して勤めることができる。
助産師などの資格を持っていれば自宅で妊婦を対象として開業することもできる。
このように看護師が活躍できる場は極めて多様性があり、不況に強い職種ということができる。

看護師の関連資格について

そんな看護師の中でも立場が低いのが准看護師だ。
准看護師は看護師の指示にしたがって看護業務を行わなければならない。
もちろんその看護師は医師の支持に従って業務を行わなければならない。
つまり医療の現場の中でも他の業界と同じように序列があり縦の関係で仕事をこなさなければならないのだ。
これは決して悪いことではなく、責任の所在がはっきりすることや、業務をスムーズに行うことが出来るなど多くのメリットがある。
他にも看護師の関連資格に保健師や助産師がある。
以前は保健師・助産師は看護師資格を持っていなくても資格を得ることができたが、現在は看護師資格を保有していなければ資格を保有することができない。
つまり保健師・助産師もある意味で看護師資格の上位資格であるといえるだろう。

お知らせ

サイトリリースしました

Copyright© 2014 闘う家族葬儀屋さん All Rights Reserved.