看護師とは異なる保健師の仕事を紹介

保健師の仕事とは何だろうか。

保健師は看護師とは異なる資格ですが、どんな役割をするのでしょうか?
保健師の仕事はとても幅広いと聞きます。
学校、企業など相手はさまざまですが、内容は相手の健康を管理、指導し、直接ふれあえることでやりがいを感じる仕事だと思います。
子供を保育園に遊びに連れて行った時に、保健師さんらしき職員の方と仲良くなり、こどもの事でたくさん相談に乗ってもらいました。
いつも笑顔で、些細な心配事もきいてくれて、子育て中の身としてはずいぶん助かりました。
相談する内容も相手によって様々なので、知識をたくさん詰め込んでおかないと、時には質問に答えられない事もあると思います。
そういった点で、日々勉強なんだと感心しました。

保健師の仕事は人々の健康の維持、増進を目的としたものです

保健師は、保健を目的として、集団検診を行ったり、健康に関する相談を受ける仕事をしています。
この資格は国家資格で、国家試験に合格をしないと得られません。
国家試験を受験するには一定の受験資格が必要となります。
また、看護師の資格がないと国家試験に合格しても免許をもらうことができません。
保健師の職場としては、保健センターや保健所などがあります。
保健センターや保健所で働くには公務員の資格が必要です。
ここでは集団検診を行ったり、子育てに関する相談や自宅療養している人を訪問して相談を受けたり必要に応じた施設を紹介したりと、その地域の人々の健康を維持、増進させることを目的とした仕事を行います。
その他の職場として学校などもあります。
また、産業保健師と呼ばれる仕事もあります。
これは企業などで働くもので、ここでも主な仕事は他の職場と同様に、そこで働いている人たちの検診を行ったり、健康に関するさまざまな相談を受けます。

尊敬される保健師という仕事

親身になって接するので、コミュニケーション能力も求められる仕事ではないかと思います。
保健師という仕事は、誰にでもなれるものではないと思いますが、もっと人数を増やし、気軽に相談できる機会が増えたらもっと良いんじゃないかと思います。
常に近い存在であって欲しいと思います。
自分自身、もっと能力があったら就きたい職業です。

お知らせ

サイトリリースしました

Copyright© 2014 闘う家族葬儀屋さん All Rights Reserved.