葬儀屋さんが教える家族葬のメリットとは

家族葬とは、基本的には近親者のみで行うお葬式です

密葬と家族葬はよく似ていますが、密葬がほとんど遺族のみでお別れをし、火葬まで行うのに対し、家族葬は儀礼的な弔問は受けませんがごく身近な友人や知人も参列し、火葬場まで行くことが多いです。
お通夜・告別式は行いますが、本葬式は行いません。
誕生した背景には、日本人の中に「無宗教」の人が多いことが挙げられます。
そのため、葬儀を不要と感じる方も多いのです。

お葬式は故人と親族へ感謝の思いを伝える場

ですが無宗教と呼ばれる人でも、葬儀をするのは故人を大切に思い、弔ってあげたいという気持ちが大きいからなのです。
そのような遺族の気持ちに付け込み、高額な葬儀費用をとる葬儀会社も出てきました。
総額にすると何百万も請求するようなことが起きたのです。
そこから「葬儀費用は高い、ぼったくりだ」などの認識を持つような人も多くなりました。
そこで提案されたのが「家族葬」でした。

家族葬であれば常識の範囲内での葬儀を行えます

従来までの派手な葬儀をやめ、本当に故人を大切に思う人のみで行うことで真の意味で故人を弔うことが出来ると考えたのです。
このスタイルは他にも利点があります。
宗教色を出しても出さなくても構わないので、宗教に関係なく葬式を執り行うことが出来ます。
また、最近では音楽葬やホテル葬など形式にとらわれず、自由な形で行うことが出来ます。
そして費用についても小規模なため、一般的な葬式の半分から3分の1程度で行うことが出来ます。
ですがまだ社会に浸透しきっているわけではありませんので、一般会葬者を招かないという点で周囲の理解を得る配慮が必要です。
本葬を行わない場合は式が終わった後、その知らせと理由を記した挨拶状を送ることが必要です。
故人の遺志であってもそれをきちんと伝えることが大切です。

お知らせ

サイトリリースしました

Copyright© 2014 闘う家族葬儀屋さん All Rights Reserved.