葬儀屋さんが教える家族葬のメリットとは

葬儀の常識に挑戦しましょう!

国葬から家族葬や自然葬と葬儀の出し方もいろいろあります。

以前は、イベントホールといえば結婚式場の建物を多く見かけましたが、最近よく見かけるようになったのが、セレモニーホールで、葬儀会館を多く見かけるようになりました。
葬儀の出し方もいろいろで、国が行う国葬や会社が行う社葬から市民や区民が行う市区民葬、誰にも連絡をせずに行う密葬、家族と近い親戚などの少人数で行う家族葬と大小さまざまな人数に合わせた会館が用意されています。

家族葬で旧来型の葬儀の価格カルテルを破壊したい

葬儀というのは、一生のうちの一大イベントなので、通夜から始まり葬儀、初七日と葬儀費用だけでもバカになりません。
生前から互助会などに入会して掛け金をしたりしている人も多く、トラブルも多く聞ます。
家で葬式をおこなえるほど家も大きくない、また盛大な葬式になると人手も沢山いりますから親戚や近所の人に何かとお願いすることも多くなり気を使わなければなりません。
最近は、核家族化してきているので、親戚も多くはないし、費用もかかるので家族葬も多くなってきているようです。
家族と本当に近い親戚や亡くなった人の仲の良かった知人のみの参列で通常の葬儀を行います。

他にも自然葬というのもあります。

自然葬は、墓にお骨を入れるのではなく、海や山などに遺灰を撒いたり、埋めたりして自然に返すという方法です。
墓石の代わりに大きな樹木の下に遺灰を埋めてその樹木が墓石の代わりになるので、個々に名前があるわけではなくその樹木にみんなが手を合わせるというものです。
このように時代と共に葬式の形態にも色々変化してきていますが、大切な人を亡くした悲しみを共に想い供養をすることは、大切なことです。
亡くなった人のことをいつまでも忘れないように、あの世に安心して旅立てるように家族で、できる限りの葬儀を出してあげることは必要なことです。

お知らせ

サイトリリースしました

Copyright© 2014 闘う家族葬儀屋さん All Rights Reserved.